焼酎通販でおいしい焼酎をご自宅に~日本への焼酎の伝来経路・朝鮮半島説

焼酎が日本に入ってきたルートとして言われているのが朝鮮半島経路という説です。
15世紀頃の日本は、現在は沖縄県になっている琉球、それに東南アジア、南海諸国、更にはまたはるか遠くの西洋諸国とも活発に交易を行っていました。
もちろん日本に近い中国大陸や朝鮮半島もその中に含まれています。
そしてこうした交易品の中には、様々な国の酒類も含まれていました。
中でも現在でもよく知られている朝鮮の高麗酒などは、長崎県の壱岐や対馬を経て、日本に入ってきたと考えられています。
その中に焼酎のルーツがあったとも考えられています。
焼酎の通販で全国の有名な焼酎を皆さんの食卓で楽しんでみませんか。
焼酎通販のホームページ紹介はこちらから。